« In Visions: 2 | トップページ | Louisa May »

2007年12月14日 (金)

新春Rockスクラム~どこまで愛を唄えるか

ROYAL FAMILY ( QUEEN )さんが、新春ライブを行うそうです。
ROYさんのライブって、QUEENコンベンションでしか見たことのない私。
毎回ですが、東京が羨ましいです!!
ワタクシ、今年はKISSのトリバンさんにかなり~かこまれまして、コレが楽しいんですよ。
QUEENのトリバンさんは少なくてちょっと淋しい私。
東海地方に出来ないかなぁQUEEN~~、名古屋にも来てくれないか知らん?
KISSのトリバンさんは沢山いらっしゃいますよ。
今度この、ROYさんがライブされる対バンにライダ-KISSさんもライブされます。
ライダ-KISSさんはまだ拝見したことがないんですが、きっと楽しいと。。
ライブ終了後お写真なんか、おねだり!!もいいですね!!

詳細はこちらです。(ライダ-KISSさんよりの詳細です)
新春Rockスクラム~どこまで愛を唄えるか】
日時:2008年 1月13日(日)
場所:渋谷TAKE OFF7
東京都渋谷区宇田川町4-7 スタジオパルコ3F TEL. 03-3477-5876http://www.fides.dti.ne.jp/~to7/takeoff7/

16:30 OPEN 17:00 START  
17:00~ まったりくる~ (Mötley Crüe)
18:00~ 20th Century Boys(???)   
19:00~ ライダーKISS( KISS )
 http://www.k4.dion.ne.jp/~raida-k/index.html  
20:00~ ROYAL FAMILY ( QUEEN )
http://rfq.hp.infoseek.co.jp/
チケットは前売り2000円(置きチケ) 当日 2300円 他ドリンク代500円かかります。

|

« In Visions: 2 | トップページ | Louisa May »

コメント

ママさんは今年は素敵なミュージックライフですね~~~~いいな~~~KISSも超リアルタイメーですぅ~~~~~

いい曲沢山ありますよね!!
すごいですね~~~KISSのトリバンさん達とも凄い親交がありママさんの幅の広さを感じます。さすがですね~~~~~

わ~~~ROYさんのバンド!一度も拝見した事がないんです!!あ~~~~~田舎者は辛いです!ママさんドンドン素敵なミュージックライフ楽しんでくださいね~~~~~

投稿: ケイ | 2007年12月14日 (金) 21時47分

Kちゃん
QUEENのトリバンさんは、関東に多いから、なかなか見る機会がなくて残念です。
今回、この情報もKISSから入りました。
じゅりちゃん、のんのちゃん、たぶん七海ちゃんが行くと思いますよ。
私がKISSのトリバンさんは面白いって言ってるから、東京はないのかと??
そしたら今回いいチャンスが!!
情報がないと見るチャンスがなくなっちゃうって思って!!
で、ラ-ダ-KISSさんに連絡を取って記事にしました。
楽しいよ~~東京が羨ましいですよね、Kちゃん。
私もKISSに囲まれて、楽しいよ!!

投稿: 黒のマニキュア ママ | 2007年12月14日 (金) 22時10分

あ・・この日は成人式だ・・・。
どうも僕はいつもタイミングがずれまくるなぁ。

結構有名なトリビュートバンドばっかりだから見に行ってみたかったんですが。

P.S.最近ネットで1万円の安いキーボードを買いましたが全然弾けません・・。

フレディのような弾き語りは・・多分無理です。

投稿: 角殿 | 2007年12月15日 (土) 02時25分

角殿さん

成人式ですか。
おめでとうございます。
もしかして、ご実家に帰って祝うのかな?
ライブほんと、残念ですね。
ライダ-KISSさん、なかなか行けてるバンドだそうですよ。
ROYさんにお会いで来るのも狙ってないと逃しますよね。
東京中心で活動をされてるから、またチャンスが、巡ってきますよ!!

キ-ボ-ド、頑張って練習して下さい!!
フレディはピアノの腕もかなりですよ、あのレベルは、なかなかです

投稿: 黒のマニキュア ママ | 2007年12月15日 (土) 19時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/83258/9397509

この記事へのトラックバック一覧です: 新春Rockスクラム~どこまで愛を唄えるか:

« In Visions: 2 | トップページ | Louisa May »